てょログ

10versLible

映画、アニメ、漫画、音楽などの雑記。ファーストインプレッションを大切に。

マンガ

『チェンソーマン』のページをめくる手がチェンソーの如く止まらない

『チェンソーマン』が面白い。藤本タツキ先生原作の本作は週刊少年ジャンプで連載中で、「このマンガがすごい!2020」オトコ編4位に選ばれるなど今勢いのある作品だ。 タイトルは度々目にしていたこともあり、ふと思い立って1巻を手にとってみたわけだが、ペー…

井上織姫が照らす『BLEACH』の世界について

最近は普段に比べて時間に余裕があるので、漫画を読む時間が増えてまして。何度目になるか分からないのですが『BLEACH』を読み返しています。 いつだって熱を持って没頭できる漫画が自分にとっての『BLEACH』なんですけど、それにしたって井上織姫って最強じ…

『ランウェイで笑って』に感じる、夢の途中にある男女の「本気の生き方」の眩しさ

「週刊少年マガジン」2018年25号より 『ランウェイで笑って』のアニメを観てからいても立ってもいられなくなって現在発売されている原作15巻まで読み進めたところ、感情の波がどんどん押し寄せてきてエモーショナル溢れる作品に唸らされている。 原作は週刊…

『ブルーピリオド』7巻感想/これまでを振り返って立ち止まるその先に希望を感じたい

先日一気読みして感銘を受けた漫画『ブルーピリオド』の7巻が発売となったので、さっそく読んだ。そして泣いた。 やはり読ませる物語というのは山があれば谷もあるし、波が寄せては返す、そんなもので。 主人公・八虎が絵に魅せられてその世界に身を投じてか…

『ブルーピリオド』6巻までの感想/絵の世界に身を投じ情熱を燃やす若者達に魂が震える

ずっと気になっていた『ブルーピリオド』がこの度マンガ大賞2020にて大賞を受賞されたとのことでこれを機に読んでみることにしたのだけれど、ページをめくるスピードが落ちることなく最新刊6巻まで一気読みしてしまった。面白い。それはもう、圧倒的に。 マ…